北海道 アウトドア TOP >  その他  >  冬の天候急変 運転に要注意

冬の天候急変 運転に要注意

冬の天候急変で、9人が亡くなったのは、2013年3月初旬の惨事でした。

北海道に長年住んでる方でも、想像できなかった暴風雪は、多くの命を奪いました。運転中に雪山に行く手を阻まれて、そのまま雪に埋もれた車内で一酸化炭素中毒で亡くなられた方、車から出て外で凍死された方、、、本当に痛ましい事故でした。

雪道 イメージ本州から、冬の北海道へ旅行で来る方で、レンタカーなど自分で運転する方は特に注意が必要です。今回の暴風雪は、1シーズンに1度あるか無いかの急変でしたが、絶対に無いとは言えません。

もし、宿泊先や立ち寄った場所から再出発する時に、運転するのが怖いと思ったら、素直に天候の回復を待つのが得策です。

運転中なら、近くのコンビニやスタンド、道の駅などに立ち寄って、天候の回復を待つのが良いでしょう。

吹き溜まりで立ち往生してしまったら、JAFのロードサービスなどに連絡した上で、車内で待ちましょう。エンジンを掛けたままなら、マフラーの近くをマメに除雪して、排気ガスが車内に逆流するのを防ぎます。寒くても、少し窓を開けておくのが良いでしょう。

防寒着、長靴、手袋、スコップなどがあると、こういう時に非常に便利です。

こういう天気の時には、第一に外出を控えるのが得策です。止むを得ない場合は、細心の注意を払って運転しましょう。




コメント(0) | トラックバック(0) |2013年3月10日 10:00

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yukiwari.info/mt/mt-tb.cgi/19

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





冬の天候急変 運転に要注意